将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士 遠山雄亮のオフィシャルブログ

田中(寅)九段戦

振り駒で先手になり、相掛かりから定跡を大きく外れた格好に。

図はその序盤戦。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20171112093740g:plain

 

 

後手の格好は3二銀や1五歩という見慣れないもの。対して▲5五角と中空に飛び出しました。

△3四歩と突けない(角がタダ)、△5四歩は突きにくい(飛車を1~3筋に使いたい)という条件があるとはいえ、見たことのない手です。

 

「序盤のエジソン」と言われる田中寅九段の独創的な序盤戦に、こちらも乗った格好になりました。

 

▲5五角の狙いは7九銀を使うことで、この後△6二玉▲8八銀△7二玉▲7七銀△5四飛▲6六銀と一目散に進出。

さらに▲7七桂~▲8六歩~▲8五歩~▲7五歩と角の利きを軸に後手の玉頭を狙う構想が実現しました。

 

この構想がハマって作戦勝ちに。中盤はいいタイミングで踏み込み、そのリードを生かして制しました。

 

序盤巧者の田中寅九段に対し、序盤でリードを奪えたことは収穫です。

自分で将棋を作る展開は力が発揮しやすく、指していても楽しいものです。

内容も良くなってきているので、年内あと数戦、いい流れに乗っていきたいです。

 

 

それではまた