将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

瀬川五段戦

振り駒で後手になり、流行の雁木を採用しました。

 

新しい形ということもあり、非常に難解な将棋で苦労しました。

迎えた図。後手△が私です。

銀桂交換に成功して手応えを感じましたが、次の手に悩みました。

 

 

f:id:toyamayusuke:20170701103020g:plain

 

 

△5四銀打、△5五角、△6七銀など有力手がたくさんある中、△7五歩と指しました。

上記3つと比較して茫洋とした手で、プレッシャーをかけて手を渡しました。

 

結果的に6筋と合わせて歩が拠点となり、終盤は飛車を捨てる猛攻で押し切ることができました。

 

全体通して難解な中盤戦でしたが、△7五歩など形勢のバランスを崩さずに指し進められたのは自信になります。

来週は順位戦があり、そこに向けてはずみがつきました。

 

棋譜叡王戦公式サイトで閲覧可能です。

www.eiou.jp

 

叡王戦はあまり上まで勝ち進んだことがありませんが、タイトル戦に昇格した今期こそ

上を目指したいです。

 

 

それではまた