将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士 遠山雄亮のオフィシャルブログ

塚田九段戦

振り駒で後手になり、塚田九段得意の相掛かりに。

「塚田スペシャル」は私が将棋を指し始めた頃に流行していた作戦で、塚田九段はその頃から相掛かりを得意にされています。

経験の差をどう埋めるか、準備段階で頭をひねっていました。

 

後手番ながら積極的に進め、迎えた図。後手△が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20170628113307g:plain

 

 

ここで△6五桂と跳ねたのがまずい手でした。

△8八角成▲同銀に△6五桂と跳ねれば難しい勝負が続いていました。

 

後手で積極的に進めると、こういうミスが命取りになります。

以下は食い下がるも、ギリギリ届かず。1歩あればという場面も多く、文字通りあと一歩届きませんでした。

 

また明後日も対局があるので、切り替えて次に臨みます。

 

 

それではまた