読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

八代五段戦

振り駒で後手になり、矢倉模様の出だしに急戦を仕掛けていきました。

仕掛け周辺でペースを握り、チャンスとみて長考したのが図。後手△が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20161124120023g:plain

 

 

△4七銀成で飛車は成り込めますが、▲6八飛△5九飛成▲6五飛で次の攻めが案外とみました。

 

そこで△4九角▲6八飛△7三桂が実戦の手順。最後の桂跳ねは飛車の活用を押さえつつ攻めに利かした味の良い手。ただ手を渡すので不安もありました。

しかしこの桂が最後までよく利いてくれたので、好手順だったようです。

なお△4九角に▲4八飛は、△6七銀不成▲4九飛△7八銀成▲同玉△5八飛成と王手飛車をかけて勝勢です。

 

ここでリードを奪って、最後は美濃の懐の深さが生きて1手勝ちしました。

 

これで王座戦は一次予選決勝に進出。相手はまだ決まっていませんが、またしても年下、しかも一回り以上下の相手になります。

年内あと数戦、しっかり準備して臨んでいきます。

 

 

それではまた