読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

村山七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。村山七段とは奨励会時代含め相当数の対局をしましたが、相居飛車は初めてだと思います。

急戦からペースをつかんで優勢で迎えた図。先手▲が私です。

飛車をどこに打つべきでしょうか。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160915110602g:plain

 

 

実戦は▲8二飛と打ちました。これが「一段玉に二段飛車」の格言に沿った手。

以下△5一銀に▲7一と寄△1三角▲6一と寄、と進み、と金で相手の守り駒を削る理想的な展開になりました。

以下数手で制勝。

この図では▲7一飛でも優勢だと思いましたが、「一段玉に二段飛車」の格言を思い出したので▲8二飛を選択しました。格言は裏切りません。

 

快勝でしたが、勝ちを焦って疑問手を指した所もあり、反省も残る内容です。

とはいえ研究の大家で知られる村山七段に対し、初めての相居飛車でいい内容の将棋が指せて嬉しい白星でした。

 

 

それではまた