将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

泉八段戦、梶浦四段戦

結果から書くと、2局とも振り駒で先手になり、横歩取りの戦いを制しました。

 

午前中の泉八段戦は横歩取り△8四飛5二玉型から前例の少ない将棋に。

図の局面で思いきった攻めを敢行しました。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160801205014g:plain

 

 

▲7三角成△同銀▲8一飛成が思いきった攻め。普通は角桂交換の駒損では攻めきれないとしたものですが、この場合彼我の玉形差が大きく成立していたようです。

よく駒落ちで下手の方に「とにかく飛車を成りましょう」と話していますが、まさにそれを実行する形に。

 

リードを奪うも、このあと緩手があってギリギリになりましたが、最後は入玉寸前で敵玉をとらえました。

 

 

午後は梶浦四段との対戦に。横歩取り△8四飛6二玉型から美濃に囲う形でした。

この将棋も駒損を甘受して攻めこむ格好に。

迎えた図で会心の一着が出ました。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160801205109g:plain

 

 

▲2四と△3六歩と飛車を取り合うと後手の1七馬が働いてきます。

そこで▲1六飛と捨てたのが会心の一手。△同馬▲2四と、と進むと後手の馬の働きが悪く、1手では解消できない格好に。

以下△2六歩と馬を使いにくるも、▲7五桂から攻めて最後まで馬は働かずじまいでした。

 

棋譜モバイル中継にて

 

2局とも積極的に攻めたことが勝因になりました。

約2ヶ月間で一気に12局指しましたが、全体的に駒が前に進んでいて内容も結果も上々でした。

3週間程度対局間隔が空くので、少し休んでまた次の戦いに備えます。

 

 

それではまた