将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

AIに関する講演と日本将棋連盟のWebメディア事業の発表

まずは将棋本のご紹介を。

 

 

不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)

 

 

棋士とコンピュータ将棋の関わりについて、羽生三冠・渡辺竜王棋士11名のインタビューが掲載されています。

早速買って読み始めました。

 

電王戦は人工知能との今後の関係を示す道標になるものです。

AIという分野で将棋界は社会を数年先取りしており、将棋界の動向を見ることで、今後の社会を占うことができると言っても過言ではないでしょう。

 

私自身、電王戦におけるAIとの関わり。またデータやAIをどう勉強に生かすべきか、といったことを世間に伝えていきたい思いが強くあります。

その中で思いにピッタリの講演のお話をいただき、明日(22日)開催されます。

 

AIはマーケティングをどう変えるのか?将棋の思考はAIでどう変わったのか?プロ棋士と語るAIの未来について | セミナー | Webマーケティング・リレーセミナー

 

将棋界のAIとの関わりを、マーケティングに置き換えて未来を先取りしよう、という趣旨での対談形式の講演です。

まだ若干お席があるようですので、ご興味ありましたらお早めに。

【7/22(金)10時追記】受付終了となりました。

 

Webメディア事業の開始について 将棋界の情報を世界に発信! Webメディア事業開発で業務提携を決定。 新規メディアサイトを2016年秋リリース予定 | お知らせ|お知らせ・イベント情報:日本将棋連盟

 

日本将棋連盟がWebメディア事業を開始するというリリースが、今週頭に行われました。パートナー企業の社長が、今回対談でご一緒する西井さんです。

西井さんとは今年に入ってから知り合い、すでに個人的にも将棋界でも色々とお世話になっていますが、今回リリースが出たことでより一層将棋界とのつながりが深まりました。

 

この事業は今後将棋界が大きく発展するには不可欠のもので、期待していますし、私自身も将棋界のIT・Webに携わるものとして頑張らなくてはいけないとも思います。

将棋ファンの皆様にも応援いただければ幸いです。

 

 

それではまた