将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

NHK杯予選(2月対局分)

年度末ということで、2月に行われたNHK予選を振り返ります。

第66回NHK杯戦 <予 選>

残念ながら予選決勝で敗退となりました。

 

1回戦は中村(亮)五段と。
いきなり対戦成績の良くない強敵との対戦でしたが、対石田流の急戦で猛攻を耐えてからの反撃がうまく決まりました。
はずみのつく内容でした。

 

2回戦は田村七段と。昨年に続いての対戦。
角換わりから敗勢になるも、盛り返して際どい終盤戦に。
迎えた図で良い手が指せました。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160331190436g:plain

 


▲7四角がタダ捨ての好手で詰み筋に入りました。
△同飛なら▲5三桂不成でピッタリ。
実戦は△6三歩でしたが、▲3二銀で投了。以下△5二玉に▲5三桂成△6一玉▲6二銀△同金▲同成桂△同玉▲7三銀成と駒を取りながら追って詰みます。
きれいに詰まして難敵相手に昨年のリベンジ。
ますますはずみがつきました、が。

 

決勝は及川六段と。
角換わりでチャンスを逃しての逆転負けでした。先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160331190418g:plain

 


ここで▲8三と、ならば有利でした。△同飛や△7四飛は▲6五角が両飛取り。△6四飛は▲5六桂が両取りです。
飛の逃げ場がなく、後手は窮していました。
▲7四と、しか見えてなくて、頭が固かったです。
はずみがついてチャンスが来ていたのに、つかめなかったのは残念でした。

 

結果としては勝ち越しも、決勝で負けるとダメージが大きいものです。
ただ勝った2局はどちらも対戦成績で劣る強敵相手で、そういう相手に勝ったことは自信にもなります。

 

明日から新年度。初対局は少し先になりそうです。しっかり準備して、いい状態で新しいシーズンを迎えられるようにします。

 


それではまた