将棋棋士遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

神崎七段戦

後手で力戦の相居飛車に。

昔はこういう形を指すのは不安でしたが、今は横歩取りも多く指していますし、自信を持って臨むことが出来ました。

 

戦いが始まって金得に。しかし玉形の不安定さや歩切れと相まって難しい将棋でした。

図は▲3五銀と打ってきたところ。後手△が私です。

▲3五角の王手飛車ばかりを読んでいたので意表を突かれました。

 

 

f:id:toyamayusuke:20150912022108g:plain

 

 

ここで△6四角が勝因となった一着。際どいところですが、飛取りを無視できないと見ました。相手の受け方によって飛の逃げる位置を変えるというのが真の狙いです。

実戦は▲6八飛△4一飛▲3四歩△1九角成と進行。この後△2九馬と取った手が8三の地点にきくなど攻防に絶好のポジションになりました。

 

終盤もキッチリ読みきって勝ちに結びつけました。

全体を通じて成長を感じた一局で、嬉しい勝ち星でした。

対局間隔が詰まっているので、この感じを忘れずに次につなげたいものです。

 

 

それではまた