将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士 遠山雄亮のオフィシャルブログ

対局結果

阿部(光)六段戦

後手で横歩取りを目指したところ、思わぬ形で大乱戦になりました。 迎えた図は昼食休憩の局面ながらもはや終盤戦です。 後手△が私。次に▲9八銀で竜を詰ますのが相手の狙い。△8六桂が普通ですが、▲8七銀△7八桂成▲同銀引でやはり竜を詰まされて失敗です。 …

神谷八段戦

振り駒で後手になり、横歩取りへ。 前例の少ない展開から、力強い一着を指されたところ。 後手△が私です。 この▲6六金には驚きました。金の力で抑えこもうという狙いです。 実戦ではこの辺りで長考を繰り返すも、方針を間違えました。 感想戦、その後も棋士…

門倉四段戦

先手で藤井システムを迎え撃つ格好に。 見たことのない作戦を用いて、まずまずの成果をあげました。 しかしミスが出て難解な終盤戦に。迎えた図。先手▲が私です。△9八歩と飛取りを無視して攻めてきたところ。 ▲3四歩には△9七銀と打たれて負け。そこで▲6…

瀬川五段戦

後手で横歩取りへ。非常に激しい戦いとなりました。 後手△が私です。 飛を切って△5五角打としたところ。 ここから▲8三歩△8八角成▲同金△同角成▲8二歩成と殴り合いになりました。 研究で見えてなかった手が気になり予定を変更したら、その手が敗着になって…

岡崎六段戦

後手で久しぶりに四間飛車穴熊を採用。最近プロ棋戦で出現しており、私も研究をしていて指す機会を伺っていました。 岡崎六段は急戦策で対抗。際どい終盤戦になりました。 後手△が私です。 △8八歩に手抜きで▲2二飛成と飛び込んできました。勢い△8九歩成▲…

石井四段戦

振り駒で後手になり、▲向飛車美濃vs△三間穴熊の戦いに。 うまく戦機をつかんでリードを奪い、終始押し気味でしたが、最終盤で2択を誤って転落しました。 図は勝ちだと信じてた場面です。後手△が私です。 後手玉は絶対詰まないので、詰めろが続けば勝ち。 次…

藤原七段戦

先手で角換わり同形に。前局の中田宏八段戦と似たような格好から、本局は私が先に仕掛けました。 最近の角換わり同形は端の関係で様々な形が指されていますが、本局はその中でも珍しい形だったようです。 角換わり同形は昔からある将棋で、相手の藤原七段が…

中田(宏)八段戦

振り駒で先手になり、角換わり同形に。 後手は9筋を突かずに先攻してきました。流行りの形です。 受けにまわる展開となり、迎えた図。先手▲が私です。 ▲7五と、と引きつけたのが勝因となった構想。 直後の△3六歩も厳しいので形勢は難解ですが、五段目のと…

飯塚七段戦、本日20時より銀河戦に出演

本日20時より囲碁将棋チャンネルの銀河戦に出演します。相手は伊奈六段です。 色々ハプニングのあった収録でした。どの程度放送で紹介されるか分かりませんので、また放送終了後に触れようと思います。 さて銀河戦、予選は飯塚七段との対戦でした。 振り駒で…

田中(魁)九段戦

後手で横歩取りを選択し、昼食休憩明けから激しい戦いに。 調子が良いのかと思っていましたが、実際は攻めが細くて難しい形勢でした。 迎えた図。後手△が私です。▲4一銀と鋭い攻めを敢行されたところ。 この手に直前に気がついたものの修正がきかず。竜を取…

小林(宏)七段戦

振り駒で後手になり、横歩取りへ。 今月は横歩取り拒否型の相掛かり模様も含め、横歩取りをよく指しました。 変わった序盤に対応しているうちに、気がつけば振り飛車のような駒組みに。 慣れた格好だからか、うまく指し回して有利に展開。 迎えた図の一手で…

郷田王将戦

振り駒で後手になり、横歩取りを選択。 流行の△5二玉型ではなく△6二玉から玉を右に囲う、少し変則的な作戦を採用しました。 こちらがギリギリの攻めを敢行。異筋の好手で攻めがつながりました。 そこから猛反撃を受けて迎えた図。後手△が私です。 ▲7三歩…

神崎七段戦

後手で力戦の相居飛車に。 昔はこういう形を指すのは不安でしたが、今は横歩取りも多く指していますし、自信を持って臨むことが出来ました。 戦いが始まって金得に。しかし玉形の不安定さや歩切れと相まって難しい将棋でした。 図は▲3五銀と打ってきたとこ…

土佐八段戦

振り駒で先手に。阪田流向かい飛車を採用され意表を突かれました。将棋人生でほとんど指したことのない戦型です。 後手が仕掛けなかったので角交換型の振り飛車に落ち着きました。 作戦勝ち模様でしたが、中盤でミスを出してそこからは混戦に。 穴熊を玉頭か…

田中(寅)九段戦、野月七段戦

この日は久しぶりに振り飛車で通しました。 午前は田中寅九段戦。振り駒で先手になり、中飛車から相穴熊に。 序盤巧者の田中九段相手に作戦勝ちになり、リードを保って押し切りました。 図は終盤戦。△4八成香ときたところ。先手▲が私です。 先手玉は1手の…

佐藤(和)六段戦

先手で兄弟子の振り飛車を迎え撃ちました。 三間飛車での藤井システム模様という、非常に珍しい構えに急戦を挑むもあまり大きな戦果を挙げられず。 中盤以降は意表の受けから少しずつリードを広げられ、最後は粘りを欠いて押し切られました。 昨年頭くらいに…

斎藤六段戦

振り駒で後手になり、横歩取りへ。 相手の猛攻を受ける格好で迎えた図。 後手△が私です。 ▲3一角に△5四玉とかわしたところ。仕方ないとはいえ、すごい格好です。 こういう力強い玉さばきは好きな展開で、密かに手応えも感じていました。 しかし残念ながら…

増田康四段戦

後手で横歩取りに誘導し、実戦例もあって研究していた形に進みました。 前例を離れたところであまり見たことがない強襲があることに気が付きました。ちょっと無理気味かと思って見送ったら、今度は相手がギリギリの仕掛けを敢行してきました。 相手の仕掛け…

佐藤紳六段戦

先手で横歩取りに。佐藤六段が趣向を見せて横歩取りよりも角換わりといった趣きの将棋になりました。 図は遠見の角を放ったところ。先手▲が私です。 次は▲5六歩△4四銀引▲2五桂が狙い筋で、こう進めば優勢になります。 当然相手も回避してきますが、そこで…

藤森四段戦、真田七段戦

一昨日の対局について。 午前中は藤森四段と。振り駒で後手になり、角換わりの急戦模様から、接戦の終盤戦に。後手△が私です。 互いに玉が危険ですが、△4八金が勝着になりました。 ▲同金△同桂成に▲3二馬と攻められて危ないですが、ギリギリ詰みません。 終…

勝又六段戦

振り駒で後手になり、力戦の相居飛車に。 苦しい将棋でしたが、次の一手のような手が決まって優勢に。 良くなってからミスを出して混戦模様でしたが、図の一手でなんとか逃げ切りました。 後手△が私です。 この△4七角が好手でした。△6九飛からの攻めも狙う…

片上六段戦

振り駒で後手になり、相掛かりのような将棋に。 序盤で穏やかに指したのがつまづきの始まりでした。 後手△が私です。 ここで△2三歩と受けたのが弱気な手。 △7七角成▲同桂△2二銀と歩を打たずに頑張るべきでした。 この1歩が後で響き、攻めがわずかに届か…

宮本四段戦

後手で相振り飛車に。 序盤の構想がいまいちで、相手の思い切った仕掛けで形勢を損ねました。 対応もまずく、一方的に攻めまくられて押し切られました。 宮本四段との前回の対局は三段リーグでその時も負かされたのですが、四段昇段を自力で迎えた最終日の1…

高見五段戦

先手で横歩取りに。序盤から類形の少ない形で、一手一手が難しい将棋に。 居玉で仕掛けて迎えた図。先手▲が私です。 手の広い局面ですが、▲6八玉を選択。 良い手ではなかったかもしれませんが、粘り強く戦う気持ちが出た手でした。 この後20手かけて8九へ…