将棋棋士 遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士 遠山雄亮のオフィシャルブログ

対局結果

杉本和四段戦

振り駒で後手になり、相手の角道を止めた三間飛車から持久戦に。 ずっと苦しさを感じていましたが、相手も決め手をつかむのは容易ではなかったようです。 初めて手応えを感じたのが図からの3手でした。 後手△が私です。 △3三角▲5五歩△6五角と角を連打し…

増田康四段戦

後手で相雁木に進みました。 増田康四段が雁木を志向したのに対して私も雁木をぶつける、という流れでした。 そして現れた図。後手△が私です。 モバイル中継の画像を貼りました。 データに非常に詳しい室岡七段が語るように、前例のない局面だったようです。…

大橋四段戦

振り駒で先手になり、居飛車の力戦に。最近流行の雁木を採用しました。 仕掛けでペースをつかみ、迎えた図。先手▲が私です。 ここは▲8四角と強気に指すべきでした。7三桂と6六歩の両取りです。△6四桂の反撃を気にしましたが、▲6六角引△5六桂に▲7九玉…

村中六段戦

先手で力戦に。最終的には振り飛車のような陣形に落ち着きました。 非常に難解な将棋で、ずっと均衡がとれた戦いでした。 悔やまれるのは図。先手▲が私です。終盤で長考した場面です。 ここで▲2五歩が悪手でした。 ▲1六歩△同香▲1七歩とすれば千日手模様。…

瀬川五段戦

振り駒で後手になり、流行の雁木を採用しました。 新しい形ということもあり、非常に難解な将棋で苦労しました。 迎えた図。後手△が私です。 銀桂交換に成功して手応えを感じましたが、次の手に悩みました。 △5四銀打、△5五角、△6七銀など有力手がたくさ…

塚田九段戦

振り駒で後手になり、塚田九段得意の相掛かりに。 「塚田スペシャル」は私が将棋を指し始めた頃に流行していた作戦で、塚田九段はその頃から相掛かりを得意にされています。 経験の差をどう埋めるか、準備段階で頭をひねっていました。 後手番ながら積極的に…

藤井猛九段戦

藤井猛九段得意の角交換振り飛車にチャンスを作るも一歩及びませんでした。 藤井流の構想にいい手で返せなかったのも残念です。

長岡五段戦

後手で角換わりから速攻を受けました。 激しい流れの中でミスが続いて大きく形勢を損ねました。 迎えた図。後手△が私です。一手の猶予を生かして攻めに出ていますが。 全=成銀 一見すると△7九金▲同銀△6八金が厳しい攻めですが、それは相手の思う壺。局面…

長岡五段戦

振り駒で後手になり、角換わり模様から乱戦になりました。 こちらが飛車を手持ちにした分、相手は角と歩を多く持つ展開に。 持ち時間が20分の早指しなので、飛車の手持ちが大きいとみていました。 迎えた図。後手△が私です。ここから手持ちの飛車を頼りに攻…

及川六段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。 4月の渡辺大四段戦と同じ展開になりました。 渡辺戦はうまくいったので(逆転負けしましたが)、同じ趣旨の自陣角を打ちました。 先手▲が私です。 この▲4七角は、直接的な狙いは▲7五歩~▲7四歩。それ自体は△8四飛で簡…

戸辺七段戦

ゴキゲン中飛車相手に急戦からいい内容の将棋が指せました。最後はなかなかない綺麗な詰みでした。 図ではその直前の手筋を。

片上六段戦

振り駒で先手になり、△ゴキゲン中飛車対▲超速に。 昔ならゴキゲン中飛車が私でしたが、今回は私が居飛車でした。 早い段階で戦いになり、激しい変化に突入。昼休ではすでに終盤戦でした。 迎えた図。先手▲が私です。 後手の猛攻を受けたところ。詰めろ(△8…

渡辺大五段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。 前局と流れは違うものの、またも右玉と対峙しました。 194手の大熱戦だったのでヤマはいくつもありましたが、印象的な場面を。 先手▲が私です。 ▲9四歩と伸ばしたところ。相手の攻めを呼び込む怖い手ですが、この際の好手…

青嶋五段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。 ▲中住まいvs△右玉、という見慣れぬ格好になりました。 端攻めを見せたところで相手が角捨ての強行を仕掛けてきました。 先手▲が私です。 △8八とに対して▲8四角打と飛車道を止めたところ。歩があれば、というところでした…

2016年度を振り返る

2016年度は対局面で久しぶりに満足のいく1年でした。勝率5割を越えたのは4年ぶりのことで素直に嬉しいです。最後の2連敗はとても残念でしたが、それも実力と今は冷静に受け止めています。 全37局、全て居飛車で通しました。作戦がうまくいかなかった将棋…

NHK杯予選(梶浦四段戦、高崎六段戦)

NHK杯予選の結果が発表されたので簡単に振り返ります。 第67回NHK杯戦 <予 選> 私は17ブロックでした。 1回戦は梶浦四段戦。今期3度目の対戦でした。よく当たるものです。振り駒で後手に。 居飛車党の梶浦四段に中飛車を採用され、意表をつかれました…

先崎九段戦

振り駒で先手になり、相手の陽動振り飛車から乱戦に。 こちらが一方的に竜を作るも、相手の持ち飛車も大きく互角の展開が続きました。 迎えた図。先手▲が私です。 珍妙なところに竜がいますが、誤植ではありません。△4五桂と攻め込んできたところ。 ここで…

石田四段戦

後手で、矢倉模様から急戦というより乱戦調に進みました。 昨年11月の八代戦と似た進行で、研究も重ねていて自信をもって進めていたのですが。 図での一手が一局の行方を決めてしまいました。後手△が私です。 ▲9五角の王手飛車が見えていますが、無視して△…

青嶋五段戦

振り駒で先手になり、青嶋五段得意の振り飛車穴熊に居飛車穴熊で対抗しました。 序盤で思いつきに近い構想で進めたところ、功を奏してリードを築きました。 迎えた図。飛車切りから猛攻を受けています。先手▲が私です。 ここで一発▲7二歩が手筋の一着。△同…

所司七段戦

振り駒で後手になり、急戦調の矢倉戦へ。 猛攻を仕掛けたのが図。後手△が私です。いま△7八角成と角金交換をしたところ。ここから大技を狙いました。 △2七金が派手な一着。▲同角は△同銀成▲同飛に△4五角が王手飛車で技ありです。 ▲同飛は△同銀成▲同角に△5…

土佐八段戦

先手で角換わり腰掛け銀に。 戦いが始まって早々に猛攻を受けました。 先手▲が私です。 手抜きや桂を取っての攻め合いも考えましたが、思い切って受けにまわりました。 ▲6八金△7五歩▲6七歩△7六歩▲8八銀。 形は乱されても桂を取ってしまおう、という順で…

田村七段戦

振り駒で後手になり、急戦矢倉へ。 いわゆる居角左美濃と言われる急戦策ですが、定跡化が進んでいないため一手一手が難しく、早指しの田村七段もかなり時間を使われてジリジリとした進行でした。 図は終盤戦。後手△が私です。▲7一飛のような手が来る前に一…

脇八段戦

先手で力戦模様の相居飛車戦に。前例の少ない展開で非常に難解でした。 迎えた図での一手で手応えを感じました。 先手▲が私です。 ここで▲2五飛が好感触の一着。飛車交換は後手の一段玉が祟りますし、△2五同飛は▲同桂が銀取りで絶好です。 実戦は△8四飛▲…

森九段戦

振り駒で先手になり、角交換振り飛車を迎え撃ちました。 早々に飛車交換になり、迎えた図。先手▲が私です。 急所の攻めがあります。 右側は竜もいて完全に相手の勢力です。 そこで▲9五歩と攻めました。桂と歩2枚という端攻めにうってつけの駒があります。 …

佐藤(慎)五段戦

後手でこちらだけ高美濃囲いの変則的な矢倉戦に。 駒がぶつかってから一気に激しくなり迎えた図。 後手△が私です。リードを奪うチャンスとみて1時間の長考に沈んで△8六歩と指しました。 以下▲8六同歩△8八歩▲2四銀と攻め合いに。これでも形勢はやや有利…

青嶋五段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。 作戦負けから苦しい戦いになりましたが、際どい終盤戦に持ち込みました。 迎えた図。先手▲が私です。 ▲2四歩から迫って攻防共に複雑な状況です。この将棋を勝つにはここしかないとみて、残り時間の大半をここ数手につぎこ…

八代五段戦

振り駒で後手になり、矢倉模様の出だしに急戦を仕掛けていきました。 仕掛け周辺でペースを握り、チャンスとみて長考したのが図。後手△が私です。 △4七銀成で飛車は成り込めますが、▲6八飛△5九飛成▲6五飛で次の攻めが案外とみました。 そこで△4九角▲6…

田中(悠)五段戦

先手でゴキゲン中飛車に超速で対抗する格好に。 流行の形になり、前例を外れたところから非常に難しい将棋でした。 リードして迎えた図。先手▲が私です。後手が攻防に△2六角と打ってきたところ。 ここで味良しとひょっこり▲2五桂と逃げたのがリードを失う…

佐々木(勇)五段戦

振り駒で後手になり、角換わりへ。この対局の前日に行われてモバイル中継もあった、王将リーグの▲羽生善治三冠-△糸谷哲郎八段戦と同じ形の将棋でした。 非常に難解な中盤戦。やや攻めすぎたようですが、難解なまま迎えた図。 後手△が私です。 実戦は△5二金…

高野(智)四段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。この戦型特有の前例の無い暗闇を歩くような展開で、難解な将棋でした。先手▲が私です。 中盤の入り口。迷いましたが、▲2三歩成△同銀▲同飛成△同金▲3一飛と、思い切って踏み込みました。成否は微妙でしたが、一局を通じて積…

八代五段戦

先手で横歩取りへ。将棋世界11月号の自戦記で紹介した梶浦四段戦と似た格好でした。 仕掛けられたところで対応を誤り、受け一方の展開に。そのまま攻め倒されました。 今日は朝から将棋会館へ行き、夜まで目一杯となりそうです。 昨日の話題は対局後に知りま…

佐々木(勇)五段戦

苦しい将棋を逆転しましたが、最後に誤って負けました。 夜に大きなニュースが飛び込んできて、大変驚いています。寝耳に水でした。 今は状況を見守りたいと思います。 それではまた

高見五段戦

後手で急戦矢倉に。 ずっと温めていた新構想が出せました。すぐに研究は外れたものの、事前準備の成果が出せて手応えのある戦いに。 しかし急所で2回の判断ミスは痛恨で、最後は相手のいい踏み込みに押し切られてしまいました。 残念な敗戦。心も体も問題な…

村山七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。村山七段とは奨励会時代含め相当数の対局をしましたが、相居飛車は初めてだと思います。 急戦からペースをつかんで優勢で迎えた図。先手▲が私です。 飛車をどこに打つべきでしょうか。 実戦は▲8二飛と打ちました。これが「…

三枚堂四段戦

振り駒で先手に。これで5局連続振り駒で先手を引きました。それまでずっと後手が多かったのですが、かたよるものですね。 横歩取りから早々に激しい将棋に。 相手の研究手にうまく対応して優勢を築くも、攻守でミスがあって際どい勝負に。迎えた図。先手▲が…

宮田(利)八段戦

振り駒で先手になり、居飛車穴熊で振り飛車に対抗する形に。 強引な攻めを振りほどいて制勝。ただ全体的に踏み込みが悪く、反省点の多い将棋でした。 対局前日の夜、寝ているところに自宅の警報が鳴って叩き起こされました。 幸い誤報でしたが、30分以上鳴っ…

小林(健)九段戦

後手で相掛かりに。 最近のプロ公式戦でテーマとなっている、飛車先歩交換の是非を問う将棋になりました。 私のほうが飛車先の歩を交換しなかったため先手が▲7七角と受けて、その角頭を狙うという展開に。 △7五歩から仕掛けて迎えた図。後手△が私で、昼食…

佐藤(秀)七段戦

振り駒で先手になり、角換わりへ。 仕掛け周辺でやや攻め急いでしまい、ずっと自信のない将棋でした。 ねじり合いが続いて迎えた図。先手▲が私です。 △8六歩に▲2六歩と打ったところ。同じ玉頭攻めでもずいぶんと歩の位置が違いますが、それでも遊んでいる…

泉八段戦、梶浦四段戦

結果から書くと、2局とも振り駒で先手になり、横歩取りの戦いを制しました。 午前中の泉八段戦は横歩取り△8四飛5二玉型から前例の少ない将棋に。 図の局面で思いきった攻めを敢行しました。先手▲が私です。 ▲7三角成△同銀▲8一飛成が思いきった攻め。普…

梶浦四段戦、船江五段戦

午前中は梶浦四段戦。振り駒で後手になり、相掛かりへ。YAMADA杯では前局も相掛かりでした。 序盤での攻勢を凌いでからは、手厚い玉形を頼りにいい指し回しが出来ました。 最後は緩手を指して追い込まれるも勝ち。これでベスト8に。 午後、準々決勝は船江五…

桐山九段戦

帰京しました。先手で横歩取りに。 桐山九段の猛攻を受け止める展開になりました。 なんとか食い止めて迎えた図。▲5四銀が狙いの一着で手応えを感じました。 先手▲が私です。 歩頭の銀でギョッとしますが、角の利きがあるので取られません。 狙いは▲6五桂…

増田(康)四段戦

振り駒で後手になり、公式戦で初めて相掛かりへ。 横歩取りの派生で相掛かりに進んだことはありましたが、純粋な相掛かりは初。新棋戦ということで新しいことにチャレンジしました。 紆余曲折あり、相手の右玉にこちらの菊水矢倉という対抗形に。 玉の堅さで…

中村(修)九段戦

振り駒で後手になり、矢倉の急戦と持久戦の間のような戦型に。 後手番ながら主導権を握ってまずまずでしたが、攻め方を誤りました。 失敗して迎えた図。後手△が私です。激しい攻め合いの局面です。 ここは先手の手が広く、自信ないながら難しいと読んでいま…

中田(功)七段戦

後手△で中田流の三間飛車に居飛車穴熊で対抗しました。 難解な戦いが続き、ようやくリードを築いたのが図。 後手△が私です。▲2五銀は全く読んでいない手で動揺しました。 ここで残り1時間から半分を割いて好手順を発見しました。 それが△5八歩成▲同歩△5…

中尾五段戦、千田五段戦

結果から書くと勝ち→負け、でした。 午前中は中尾五段と。急戦矢倉に。 仕掛けで強引に主張を通してからは攻めがうるさかったようです。全体的にうまく指せた将棋でした。 午後は千田五段と。力戦の相居飛車に。 模様が良さそうでしたが、攻めに使うべき金を…

八代五段戦

振り駒で後手になり、角換わりへ。先手ではよく指すようになりましたが、後手で指すのは初めてでした。 終始うまく指せて快調に進めるも、落手があって際どい終盤戦に。下図で1分将棋になるまで考えて指した手が勝着になりました。 後手△が私です。▲2四銀…

NHK杯予選(2月対局分)

年度末ということで、2月に行われたNHK予選を振り返ります。 第66回NHK杯戦 <予 選> 残念ながら予選決勝で敗退となりました。 1回戦は中村(亮)五段と。いきなり対戦成績の良くない強敵との対戦でしたが、対石田流の急戦で猛攻を耐えてからの反撃が…

高橋九段戦

振り駒で後手になり、矢倉を志向しました。 矢倉の大家に向かっていくのは勇気が要りましたが、本当の意味で教わる気持ちで2手目に△8四歩と突きました。 変則的な序盤になり、やや受け身の展開に。 それでも難しい形勢でしたが、図で誤りました。 後手△が…

中座七段戦

先手▲で力戦形に。良い手もミスもありつつ、際どい終盤戦が長く続きました。 図は最後の場面。先手▲が私です。 先手玉はほぼ受けがなく、詰みがあるかどうか、という場面。 ここから▲5二銀成△同玉▲5三銀△同玉▲2六角と迫るも、双方の持ち駒の関係でわずか…

中座七段戦

振り駒で先手になり、横歩取りへ。本家の△8五飛戦法、ではなく、流行の△8四飛型に進みました。 長い中盤戦を経て、負け気味の終盤戦へ。しかしよく粘って混戦模様になりました。 迎えた図。先手▲が私です。△3四角とタダ捨てを放ってきたところです。 秒読…