読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

2月1日にAbemaTV将棋チャンネルが開設!

www.shogi.or.jp

 

2月1日からAbemaTVに将棋チャンネルが誕生します!

 

当日はA級順位戦ラス前を、開始~全局終了まで生中継します。

今後は順位戦名人戦をはじめとしたプロ公式戦の中継や、藤井四段の企画など、バラエティに富んだ内容でお届けしていきます。

 

今回のことは話が出た当初からプロデューサーとして携わっていたので、無事リリースされたことを嬉しく思います。

数年前と比べてもインターネットで将棋を楽しむ場は増える一方で、将棋を楽しむ環境の充実ぶりは当時からは想像出来ないほどです。

 

将棋界は激動の時代ですが、いつの世も将棋ファンが将棋を楽しむ環境を作るのが将棋連盟の使命であることに変わりはありません。そういった意味でも今回は嬉しいお知らせを届けることができました。

AbemaTVのご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

 

 

それではまた

日経新聞紙上で観戦記掲載中、伝統文化親子将棋教室など近況

日経新聞紙上で、12/12に行われた青嶋五段戦の観戦記が掲載されています。

残念ながら敗局ではありますが、自分の力は出せた納得のいく敗戦でした。

ぜひご覧ください。

 

年明けは4日に初仕事、5日が指し初め式でした。

そこからバタバタと慌ただしく、水曜日に大阪へ行き金曜日に帰京。

 

昨日の土曜日は、4月から月に1回開催している、文化庁委嘱事業である伝統文化親子将棋教室の最終回。33名のお子さん、保護者合わせると70名近い参加でした。

中央区将棋同好会支部の皆様の熱意あふれる運営のおかげで受講生に喜んでもらえたかと思います。

来期開催を望む声も多くあり、文化庁への申請が無事通ることを祈るばかりです。

なお新規受講生の募集も行いますので、ご興味ある方は上記支部HPをご参照ください。

 

今週はわりと緩やかなスケジュールですが、翌週以降は対局あり、プロデューサー関連でも色々あり、順位戦が終わる3月頭までは慌ただしい日々になりそうです。

 

年末年始の休みも順位戦の準備や年賀状に追われていましたし、今期順位戦が終わったらどこかにゆっくり旅行でも行きたいものです。

今日の夕方はTVで相撲を見つつぼんやり計画を立てていました。

 

 

それではまた

脇八段戦

先手で力戦模様の相居飛車戦に。前例の少ない展開で非常に難解でした。

迎えた図での一手で手応えを感じました。

先手▲が私です。

 

 

f:id:toyamayusuke:20170113183659g:plain

 

 

ここで▲2五飛が好感触の一着。飛車交換は後手の一段玉が祟りますし、△2五同飛は▲同桂が銀取りで絶好です。

実戦は△8四飛▲6六角△7四飛▲7五飛でやはり飛車交換になり、陣形の差でリードを奪いました。

その差を生かして手番を握って攻め続けて、制勝しました。

 

駒組み段階で4九金の移動を保留して安易に3八金と上がらず(金開きにせず)、金を5九に寄せたのが結果的に生きました。もし3八金型だと△2九飛が△4九銀をみて厳しい打ち込みですが、この陣形なら△2九飛がなんでもありません。

 

2017年緒戦、いい内容でスタートをきれました。

金のポジション取りという、細かい気配りが勝因につながりました。

今年は「丁寧な指し手」が課題の1つです。この金の配置はそれが実践できました。

その目標を忘れずに、また次に向かっていきます。

 

 

それではまた

明日対局

明日は第75期名人戦・順位戦 C級2組8回戦、脇八段戦です。

 

2017年最初の対局になります。いい将棋を指していいスタートといきたいです。

目標と課題を胸に、全力で臨みます。

 

大阪での対局のため、これから来阪します。

 

 

順位戦日本将棋連盟バイルと名人戦棋譜速報で中継をしています。

日本将棋連盟モバイル順位戦は注目局のみ中継。
名人戦棋譜速報順位戦専用サイトで、全局中継しています。スマートフォンタブレットにも対応。
ぜひご活用ください。

 

 

それではまた