読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠山雄亮のファニースペース

日本将棋連盟棋士。五段。日本将棋連盟モバイル編集長兼プロデューサー。2015年2月にhttp://chama258.seesaa.net/より引っ越しました。

高見五段戦

後手で急戦矢倉に。

ずっと温めていた新構想が出せました。すぐに研究は外れたものの、事前準備の成果が出せて手応えのある戦いに。

しかし急所で2回の判断ミスは痛恨で、最後は相手のいい踏み込みに押し切られてしまいました。

 

残念な敗戦。心も体も問題なかったので、技の部分、実力不足と言える内容でした。

また勉強し直しです。

 

夏にずっと続いていた対局もこれで一息です。

休みはあまりありませんが、精神的には少しゆとりができそうです。

自分の将棋や研究を見直して、また秋口から始まる対局に照準を合わせていきます。

 

昨日の帰宅後、寝ようと思ったところに先月もあった警報機の誤報があり、朝方まで眠れず。今日は一日通して体がしんどいままで、図面も無しです。ついてない一日でした。

 

 

それではまた

明日対局

明日は第75期名人戦・順位戦 C級2組4回戦、高見五段戦です。

 

高見五段とは順位戦でのみ対戦があり、1勝1敗。最初の対戦では千日手になり、指し直し局が終わったのは深夜3時過ぎでした。

将棋を教わる機会もあるのですが、長手数の将棋になることが多いです。

明日も死力を尽くした全力を出し切る対局にしたいものです。

 

 

順位戦日本将棋連盟バイルと名人戦棋譜速報で中継をしています。

日本将棋連盟モバイル順位戦は注目局のみ中継。
名人戦棋譜速報順位戦専用サイトで、全局中継しています。スマートフォンタブレットにも対応。
ぜひご活用ください。

 

 

それではまた

村山七段戦

振り駒で先手になり、相掛かりへ。村山七段とは奨励会時代含め相当数の対局をしましたが、相居飛車は初めてだと思います。

急戦からペースをつかんで優勢で迎えた図。先手▲が私です。

飛車をどこに打つべきでしょうか。

 

 

f:id:toyamayusuke:20160915110602g:plain

 

 

実戦は▲8二飛と打ちました。これが「一段玉に二段飛車」の格言に沿った手。

以下△5一銀に▲7一と寄△1三角▲6一と寄、と進み、と金で相手の守り駒を削る理想的な展開になりました。

以下数手で制勝。

この図では▲7一飛でも優勢だと思いましたが、「一段玉に二段飛車」の格言を思い出したので▲8二飛を選択しました。格言は裏切りません。

 

快勝でしたが、勝ちを焦って疑問手を指した所もあり、反省も残る内容です。

とはいえ研究の大家で知られる村山七段に対し、初めての相居飛車でいい内容の将棋が指せて嬉しい白星でした。

 

 

それではまた

明日対局

明日は第58期王位戦<予選>2回戦、村山七段戦です。

 

村山七段とは7回目の対戦。奨励会も同時期に所属していたので、もしかしたら一番指している相手かもしれません。しかし前局から3年以上経って、その間に互いに随分と棋風が変わっており、いままでとは違った将棋になりそうです。

 

前局は勝ちを焦ったのが反省点で、今回は持ち時間も長いですしそういったことのないようにしたいもの。

いい内容の将棋が指せるようにします。

 

 

それではまた

本日18:30よりニコ生に出演します!「叡王戦・電王戦をもっと楽しくみるための将棋講座」

live.nicovideo.jp

 

電王戦に出場するのは叡王戦を勝ち抜いた棋士と電王トーナメントを勝ち抜いたコンピュータで、来年の3~5月に二番勝負を行います。

その叡王戦本戦の見所や、コンピュータ将棋について、そして将棋にまつわる様々な話題についてお話する番組に出演します。

 

ギュッと情報の詰まった、それでいて楽しい話もふんだんに、そんな番組になると思います。放送時間は18:30~20:00です。

ニコニコ本社での公開収録なので、リアルでも参加できます。

nicohonsha.jp

 

 

ぜひご覧ください!

 

それではまた